地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、交野の地域情報サイト「織姫ねっと」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

交野の地域情報サイト「織姫ねっと」

いっしょに読んで♪はじめてのえほん

「竹とぼくとおじいちゃん」

科学えほんをご紹介します。ぜひお子さんに読み聞かせてあげてください♪

2012/05/25

「竹とぼくとおじいちゃん」

星川ひろこ、星川治雄 著
ポプラ社
 1 年生のつばさくんは、おじいちゃんにうら山の竹林に連れて行ってもらいました。
 竹の子の食べごろは50㌢くらいであること、雨が続くと1 日に約1㍍も伸びること、食べられるだけでなく道具になったりすることなど、おじいちゃんから聞かされる話は、つばさくんにとっては驚きの連続です。そんなある日、こっそりとおじいちゃんちの「なや」を探検に行ったつばさくんが見たものは…。
 田舎の季節ごとの風景や農作業の様子、そして生活の中のさまざまな場面で使われている竹の役割が鮮やかな写真で記録されています。その中でも、竹の子が伸びていく様子を描いたページでは、ちょっとした工夫がなされています。竹の成長を通して、つばさくんとおじいちゃんの心温まる様子がつぶさに見られる写真絵本です。

PICK UP 交野のお店 ~学ぶ・スクール~